iPad を活かした快適な読書

iPadの大きなタッチパネルを活かして、めくる感覚など紙の本を読んでいるような操作を実現しました。さらに辞書や本文内検索など、実際の本にはない便利さもあります。

縦は1ページ、横は見開き2ページを表示

iPad本体を回転することで表示切り替えを行います。1ページを大きく見たい場合は縦表示により書籍を読んでいる感覚を味わいたい場合は横表示にするなどお好みに応じて使い分けることができます。

文庫本をお手本にしたレイアウト

ふりがな表示や字下げなどの表示に対応。更にページの端にページ数やタイトルを表示します。ページを紙のようにめくることもできます。

挟んだ場所が分かりやすい「しおり」

何枚でもしおりを挟むことができます。挟んだ場所の文章などが表示されるので、どこに挟んだしおりかもすぐ分かります。本文の引用や読書メモをしおりとして挟むことも可能です。最後に開いたページには自動でしおりが挟まれるので、続きを読む時もスムーズです。

文字選択で電子書籍の便利さを

文中に出てきた単語の意味を調べる、気に入った一文をメモする……。文字を選択することでこのようなことが簡単に行えます。辞書は最新のiOS5以降をご使用の場合内蔵辞書を、それ以外の場合でもオンライン上の辞書や他の辞書アプリケーションを活用することができます。

「索引」と「本文検索」で読みたい場所へジャンプ

本文を解析し、索引を自動作成します。目次代わりにご活用下さい。本文のキーワード検索も可能。すぐさま気になる語句に辿り着くことができます。

おすすめの本をご紹介します

青空文庫の書籍などからおすすめの本を予め本棚に登録しておきました。i文庫HDをダウンロードしたらまず、ここにある本を読んだり、本棚を眺めたりしてみてください。お気に入りの一冊が見つかるかもしれません。